札幌Twitter会 会員利用規約

Twitter上のリスト「札幌Twitter会(以下当会)」の会員利用規約を以下の通りとする。

1.利用規約の目的

(1)利用規約制定以前の会員活動を否定するものではなく、会員間の互助による積極的な会員交流と広報活動をガイドラインとして示し、トラブルを未然に防ぐこと

(2)管理人ちー(以下「管理人」)による会員への支援活動が、当会の今後の発展・会員増に伴い増加することを見据え、支援活動の一部をルール化することで効率化、より一層の支援活動を可能にすること

(3)会員の意見を管理人に伝える方法を明確にし、会員間の公平性を保つこと

(4)禁止や義務の規約はやむを得ない場合以外は定めず、会員の善意を尊重し、自主的な活動を促進すること

2.札幌Twitter会の運用

(1)Twitter上の「札幌Twitter会」リストに含まれるTwitterアカウントを当会の会員と定める

(2)個人・企業・団体が運用している営利活動目的のTwitterアカウントが参加資格を持つ

(3)会員の営利活動による利益を最大化するよう、会員間の互助を活性化する

(4)当会の入会・退会に関しては、管理人が権利を持つが、公平の精神と善意をもって当会の運用に努める

(5)当会への新規参加に際し、管理人の判断で参加を拒否・延期することができる

(6)当会は会員の自由な互助活動をもって行われることを旨とし、会員への義務を課さない

(7)Twitter内での活動において「札幌Twitter会」の名称使用は制限しない

(8)Twitter内での「#札幌Twitter会」ハッシュタグ使用は、会員・非会員を問わず制限しない

(9)管理人から会員全員への周知事項は、管理人のTwitterアカウントから行われる事とし、会員は管理人のTwitterアカウントをフォローすることを推奨する

(10)利用規約は管理人の判断により随時改定を行い、適用前24時間以上の猶予をもって管理人のTwitterアカウントより周知する

3.札幌Twitter会の申込と加入

1.当会参加を希望する者(以下「参加希望者」)は、管理人所定の方法により当会参加の申込を行うものとします。参加希望者は本規約等に同意後に参加申込を行えるものとする。

2.当会参加の申込においては、管理人がその申込を承諾し当会Twitterリストに会員アカウントを掲載した時点で、当会に加入したものとします。

4.札幌Twitter会の退会、除名

(1)会員は希望する退会日以前に管理人にTwitterのDMにて退会する旨を通知することにより退会することができるものとします。ただし退会希望日までに手続が完了しない場合は退会手続の完了日をもって退会するものとします。

(2)管理人は、掲載会員が次のいずれかの事由に該当した場合には、何らの予告なしに直ちに退会することができるものとします。

(2-1) 本規約等の条項に違反した時

(2-2) 会員のツイート内容が各種法令に反している、あるいは不適切であると当会が判断した時

(2-3)前各号のいずれかに準ずる事由があると当会が判断した場合

(2-4)その他、会員として不適切と管理人が判断した場合

(2-5)管理人は、前項各号にかかわらず、会員に対し事前に通知することにより、いつでも、退会することができるものとします

(3)過去3か月間、会員がTwitterでの活動が認められない場合、当該会員を、管理人はリストから退会させることができる

5.会員の権利と努力目標

(1)会員はリスト登録者過半数の同意をもって、管理人の変更を求めることができる

(2)会員は他会員、第三者への影響を考慮し「札幌Twitter会」のブランドイメージを向上させる事に努める

(3)会員は悪意をもって「札幌Twitter会」の名称と「#札幌Twitter会」ハッシュタグを使用しないよう努める

(4)会員は相互扶助の精神により、他の会員・提供するサービスの認知度向上に努める

(5)会員相互の交流、会員間の相互支援、一部会員の共同活動(営利活動を含む)に関しては、当該会員の責任でこれを行う

(6)会員間や、会員と非会員の間でのトラブルに関し、当会・管理人へ責任を問うことはできない。当事者間で解決することに努める

(7)会員から管理人への意見・要望は、info@sapporo-piyo.loveへの電子メールに統一するが、意図の確認や調整が必要な場合を考え、匿名の意見・要望は認めない

6.LINEオープンチャット

1.会員はLINEオープンチャットで交流をする事ができる

(1)会員は札幌Twitter会リスト参加と同時にLINEオープンチャットへの参加権利を持つが、参加は会員の自由意志とする

(2)LINEオープンチャットへの新規参加に際し、管理人が既存会員との円滑な交流をフォローできないと判断した場合、管理人は当該会員のLINEオープンチャットへの新規参加を延期することができる

(3)会員は他会員に向けてのLINEオープンチャット内での、悪意を持った発言は慎む様に努める。また想定外の事例にはLINEオープンチャットの公式規約に準じる

2.LINEオープンチャットの申込と入室

1.当会LINEオープンチャット(以下「オプチャ」)入室を希望する者(以下「入室希望者」)は、管理人所定の方法によりオプチャ入室の申込を行うものとします。入室希望者は本規約等に同意後に入室申込を行えるものとする。

2.オプチャ入室の申込においては、管理人がその申込を承諾しオプチャへ入室した時点で、オプチャに加入したものとします。


3.LINEオープンチャットの退室に関して

(2)LINEオープンチャットの退室は会員の自由意志とする

(1)会員の発言がLINEオープンチャットの運営に障害をきたすと判断した時、管理人は当該会員を強制的に退室させることができる
(2)上記(1)について、管理人は強制退室の理由を明確に説明する義務をおわない

7.管理人の権利と義務

 (1)管理人は会員・提供するサービスの認知度向上と、会員の営業活動をTwitter、LINEオープンチャット内で支援するよう努める

(2)管理人は会員間の公平性を担保するため、管理人と会員間の金銭授受・利益供与は要求しない。ただしTwitter・LINEオープンチャット等から発生した、会員のイベント企画等における実稼働への報酬等は当事者同士の意志を優先する

(3)管理人の判断により、必要に応じ副管理人を複数人指名できる

(4)副管理人は副管理人に設定された期間、管理人と同等の権利・義務を負う。副管理人に指名された会員は指名を拒否することができる
(5)また、管理人は副管理人を解除することができる。管理人は解除の理由を明確にする義務をおわない

(6)会員・非会員を問わず「札幌Twitter会」の名称使用において、当会が社会的な信用を損なう事例や名誉を毀損する事例が認められた場合は、管理人は個々の事例に対し適切な対応を行い、事例と対応を速やかに管理人がTwitterで公開し、被害の拡大阻止を目的に注意喚起に努める

6.免責等

 1. 管理人は、会員が当会の参加またはその結果、参加したことにより、会員に発生したいかなる不利益・損害(その原因の如何を問わない)について、その損害を賠償する責を負わないものとします。また、当会に関連して第三者に発生した不利益・損害についても同様とします。

 2. 当会の参加に関連し、会員が他の掲載会員、第三者から損害賠償請求等の請求がなされ、または訴訟が提起された場合、当該会員は、自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、当会および管理人は一切の責任を負わない

 3. その理由の如何を問わず、会員個々の行為に関しては会員が責任を負い、当該会員、他の会員および第三者に損害が生じた場合であっても管理人は責任を負わない